« 2012年6月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月30日 (月)

身延山枝垂れ桜開花情報2015 3月30日

Sd71_2284_2





4月5日(日)まで、交通規制が掛り許可車両以外は、乗用車の身延山への乗り入れが出来なくなりますので、国道52号線大きな枝垂れ桜が目印の「身延町総合文化会館」臨時駐車場から「身延山(門前町)」へシャトルバス(有料)が運行されます。
境内の枝垂れ桜は、ほぼ満開を迎え月曜の早朝ににも関わらずカメラマンで溢れています。土日が天気悪いみたいですが、なんとか来週前半までは、この状態をキープしそうです。
Sd71_2261  Sd71_2266  Sd71_2267  Sd71_2271
西谷の枝垂れ桜も境内を追い越すような勢いで、見頃を迎えようとしています。こちらの樹は、若い樹が多いので、樹勢も良く高い枝から降り注ぐ桜の花の中を通り抜けのんびりと散歩するのも好いものですHi
Sd71_2241  Sd71_2237  Sd71_2256  Sd71_2251
Sd71_2247_3  Sd71_2253_2 ではでは CU AGN!

| | コメント (1)

2015年3月29日 (日)

身延山枝垂れ桜開花情報2015 3月28日

Sd71_1834_3
今日〜 4月5日(日)まで、交通規制が掛り許可車両以外は、乗用車の身延山への乗り入れが出来なくなりますので、国道52号線大きな枝垂れ桜が目印の「身延町総合文化会館」臨時駐車場から「身延山(門前町)」へシャトルバス(有料)が運行されます。
Sd71_1832  Sd30_2772_2  Sd71_1836_2  Sd30_2774 Sd30_2768_2
Sd71_1840_3
今日は、ハイトーンの写真をアップしました。境内の枝垂れ桜は、6~7分咲きになりカメラマンも増えて来ました。見頃は来週末頃でしょうかsign024月4日(土),4月5日(日) ともに10:00-15:00身延山の桜を楽しもう!と題された観桜会が開催され野点茶会等のイベントが予定されています。
今日は、三門をくぐり菩提梯を上ってみましょう!
Sd71_1816  Sd71_1821  Sd30_2781  Sd71_1826
三門の奥に見えるのが、菩提梯です。樹齢500年とも言われている杉に囲まれた石畳を進んで行くと287段、高低差102mの菩提梯が行く手を遮る壁の様に聳え立っていますw(゚o゚)w
菩提とは、煩悩(ぼんのう)を断ち切って悟りの境地に達することをいい、
菩提梯には、悟り(さとり)に至る梯(きざはし)の意味が込められています。287段を南無妙法蓮華経の7文字になぞり7つの区分に分けられているので御題目を唱えながらこの壁の様な菩提梯を上る事に依り涅槃に例えられる大本堂に辿り着くのです。涅槃に辿り着く修行は辛いのです(;´▽`A``体力に自信の無い方は菩提梯の手前を右に上って甘露門を経て境内に繋がる女坂を上るか、菩提梯の途中から左に巻き込む様に上る男坂も在ります。甘露門は、お釈迦様誕生の時、天から龍が降り、甘露の雨を降らせお釈迦様に産湯をつかわせ洗い浄めたと言う言い伝えから甘露門とつけられ此処を通る事により不浄の物を洗い浄め境内に至ると言われています。因みにお釈迦様の誕生日を祝う花祭で、お釈迦様の像に甘茶を掛けるのは、この故事依り来ています。
ではでは CU AGN!

| | コメント (1)

2015年3月26日 (木)

身延山枝垂れ桜開花情報2015 3月26日

Sd71_1808_3
例年通り、今年も3月28日(土) 〜 4月5日(日)まで、交通規制が掛り許可車両以外は、乗用車の身延山への乗り入れが出来なくなりますので、国道52号線大きな枝垂れ桜が目印の「身延町総合文化会館」臨時駐車場から「身延山(門前町)」へシャトルバス(有料)が運行されます。
朝、6時30分勤行の声が響き渡る中、朝日が静かに久遠寺を照らし始めます。
Sd71_1783_2 Sd71_1802  Sd71_1786 Sd71_1793
Sd71_1776    Sd71_1789    Sd71_1791
境内の枝垂れ桜はここ2~3日風の冷たい日が続いたので只今、3~4分咲きです。でも週末は、暖かく成りそうなので一斉に開花すると好いのですがsign02枝によっては、咲き揃っているものも在り、西谷の枝垂れ桜もだいぶ色付いて来ました。
Sd71_1771先日、総門の事を書きましたので今日は身延山でも最大級の建物三門について書きます。
山門と表記される物も多いですが身延山の三門は三つの門の三門です。
写真を見ていただくとお気付きになると思いますが、門の入口が三つあります。この三つは各々、空門、無相門、無願門と呼ばれ、一切の存在は空であり一切が空であるので差別の相は無く、願求(ガング)すべきものは何もないとする三解脱を意味していますが、簡単に言えば何も考えず、差別無く、何も欲する事無く、この門をくぐり修行の道に入ると言う事で、この三つの門に扉が在りませんが、何時でも誰でも、身延山に迎え入れます。そして相違が有れば何時でもこの門から出て行って良いですよと言う事で、扉が付いていませんので、是非この門をくぐり、この先に続く287段の菩提梯を登り涅槃と考えられる大本堂に登詣してみて下さい。
ではでは CU  AGN!

| | コメント (1)

2015年3月24日 (火)

身延山枝垂れ桜開花情報2015 3月24日

Sd71_1757_5




例年通り、今年も3月28日(土) 〜 4月5日(日)まで、交通規制が掛り許可車両以外は、乗用車の身延山への乗り入れが出来なくなりますので、国道52号線大きな枝垂れ桜が目印の「身延町総合文化会館」臨時駐車場から「身延山(門前町)」へシャトルバス(有料)が運行されます。
シャトルバス、発着の総合文化会館の枝垂れ桜一昨日と比べて開花も順調で朝日を一杯に受けて輝いています。
さて24日の身延山久遠寺の枝垂れ桜は如何でしょうかsign02
Sd71_1729 Sd71_1732 Sd71_1728 Sd71_1719_2 Sd71_1721_2 一昨日は、あんなに暖かだったのに昨日今日と冬が戻って来たように冷え込んだ朝を迎えました。でも日中は比較的暖かいので久遠寺の枝垂れ桜も順調に開花し始めていますが境内で一際目を引かれるのは、満開の四季桜です。でも今年の気候は、寒暖の差が激しいので枝垂れ桜も例年になく長い間楽しめるかも知れませんsign02
Sd71_1700身延山を訪れる時に必ずと言っていいほどこの総門をくぐるのですが、この扁額の文字に気付く人は、あんまりいないと思います。実はこの文字向かって右から「開会関(かいえかん)」と書いてあり、苦行を経て関門を突破し仏教の道に入って往くという意味で、身延山ではこの総門をくぐる事で、一切の人々は法華経の信仰によって仏になる即ち法華経、日蓮大聖人の御加護を受け仏なると言う意味合いの「開会関」なのです。日頃私たちが使っている、玄関とは建物の正面にある入口を指しますが、もともとは場所を示す言葉ではなく、仏教の世界に入ることを表す言葉で仏教の世界は、奥深く、優れた真理を追究するところから、妙な道に進む門=玄関、となったそうです。
最後に・・・
Sd71_1742国道52号線身延バイパス沿いの鏡円坊 も色んな花が咲き始めていました。久遠寺との標高差は200メートル程ですが、観た感じは、だいぶ違いますね!?こんな風に身延は、久遠寺だけでなく日常で枝垂れ桜が、観ることが出来るので、のんびりと散歩気分で久遠寺まで歩いてみるのも好いかも知れません。
ではでは CU AGN!

| | コメント (1)

2015年3月22日 (日)

身延山枝垂れ桜開花情報2015

彼岸を迎え身延も日毎暖かく成って里の桜もボチボチ開花し始めました。今日から身延山久遠寺を中心に周辺の桜の開花情報をアップします。

Sd71_1690_2

例年通り、今年も3月28日(土) 〜 4月5日(日)まで、交通規制が掛り許可車両以外は、乗用車の身延山への乗り入れが出来なくなりますので、国道52号線大きな枝垂れ桜が目印の「身延町総合文化会館」臨時駐車場から「身延山(門前町)」へシャトルバス(有料)が運行されます。
いよいよ久遠寺境内に到着今日(3月22日)の枝垂れ桜の様子は如何でしょうかsign02
Sd71_1671_2  Sd71_1670_3 Sd71_1688 Sd71_1683
境内のシンボル、樹齢400年と言われている枝垂れ桜、今年も健在です。昨年は、大雪のせいか鷽(ウソ)って言う鳥に蕾をかなり食べられてしまったそうで花数も少なく寂しい桜の季節を迎えましたが、今年は去年の分も咲かせようとしているかの様に蕾も沢山付き樹が全体にピンクに染まっています。
Sd71_1676 Sd71_1679  Sd71_1674  Sd71_1680_2
今、境内で目立っているのは、満開に咲き誇る四季桜 こんなに沢山の花が付いた年も珍しいと思いますHiなんとか枝垂れ桜が満開に成るまで咲いていて欲しいものです。
Sd71_1687_3
境内から西谷に目を向けるとこちらもかなり蕾が色付いていて今月末くらいには見頃を迎えるでしょうcherryblossom
Sd71_1685彼岸を迎え沢山の参拝客のが登詣していました。昨日は、彼岸の御中日と言うことで、春の彼岸施餓鬼会も開催され輪廻し六道を彷徨う餓鬼達への法要が営まれました。因みに六道とは、人間は亡くなると閻魔様の前で裁きを受け、娑婆での行いに因り六つの道即ち、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天道の各道に振り分けられるそうです。地獄とは、娑婆で大きな罪悪を犯した人が落ちる救いようのない世界です。餓鬼道とは娑婆で、贅の限りを尽くし物を大切にしなかったり食べ物を粗末にした人が落ちる世界で、食べた物、飲んだ物全てが火に成ってしまう世界です。そんな餓鬼道の餓鬼達に供物を施す行事が施餓鬼です。
明日は、寒が戻り冷え込みそうですが、桜の花にはその方が好いのかも知れませんねsign02

ではでは、またあした CU AGN

| | コメント (2)

« 2012年6月 | トップページ | 2015年4月 »