« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

身延観光ボランテア研修3~4

1月26日第3回の観光ボランティア講座が開講されました。

Sr0018387_5 Sr0018389_5 Sr0018391_5 Sr0018394_4 Sr0018396_3 Sr0018399_2 Sr0018405_2 Sr0018407_2

本日の研修は、奥の院思親閣周辺です。身延山ロープウェー麓駅に集合、ロープウェーにて7分山頂は雲一つないピーかん(^^)日蓮聖人お手植えの杉、思親閣、祖師堂などを回り最後は、北の展望台での南アルプス連峰の眺望です。

Sd30_6168_2

奥の院山頂にて富士山をバックにハイチーズ、あまりの素晴らしい景色といつもの癖でファインダーを覗いてそのままシャッターを切ってしまい入るのを忘れてしまいました(^^ゞ

1月28日いよいよ、第4回研修最終日です。生憎の冷たい雨の中、日程は日蓮大聖人が9ヵ年6人の弟子と寝食を共にした御草庵跡地と日蓮聖人の墓所、祖廟です。

Sr0018420_2 Sr0018417_2 Sr0018421_2 Sr0018422_2 Sr0018424_2 Sr0018426_2

Sr0018428_4 4回延べ8時間の研修を終え終了証を授与され、新たに15名の身延町公認観光ガイドが誕生しました。終了式の後、研修の反省やこれからの課題などを昼食を摂りながら和やかに話し合い、既にガイドの要請が掛かっている何件かの予定の人員配分を行い、4回のボランティア講座は終了しました。講師の方々NPO身延観光センター皆さんありがとうございました。そして受講生の皆さんホントにご苦労さんでした。これからも宜しくお願いします<(_ _)>

| | コメント (5)

2010年1月25日 (月)

第13回河口湖冬花火湖上の舞い

Sd30_6116

今年も河口湖の冬花火の季節がやって来ました。花火の燃えカスなど湖に及ぼす問題が山積され一時は開催も危ぶまれていましたが何とか開催の運びと成りました。時間こそ20分に短縮されましたが、中弛みもなく質が向上した様に感じました。でも今夜の河口湖は無風で気温2℃と暖かく、撮る方の私の気も緩みピンとも暈け気味ですが、冬花火はこのくらいが好い様な気がしました(^^ゞ日程は1月16日~2月23日までの毎土日の20:00~20:20に花火が打ち上げられ湖畔の大池公園では冬の縁日が開催されています。詳細はここにも載っています。

デジブックはフルスクリーンでの閲覧を推奨します。

| | コメント (6)

2010年1月22日 (金)

\(^o^)/野口さ~ん➁

国際宇宙ステーション(ISS)が、身延から見易い角度を飛んでいました。向かって左から右に一直線の光りがISSです。縦の光りは飛行機です。

Sd30_5871 Sdsc_9672

①1月22日18:20               ➁1月22日18:20

  焦点距離:18m/m               焦点距離:11m/m

    F4-140秒露光ISO1600                          F2.8-160秒露光ISO800

             山梨県南巨摩郡身延町 N35°23′ E138°27′可視方向:北西

雲が思ったより街の灯りを反射してしまいました。ISOの設定ミスです(^^ゞ

関東地方次回は1月24日17:20頃から見え始める予定です。

| | コメント (4)

2010年1月21日 (木)

早咲きの梅が開花しました

Sdsc_9661 Sdsc_9665

Sdsc_9670

昨日の大寒は異常なほど暖かでしたが、一夜明けた今日は寒が戻り霧雨も混じる寒い1日でした。そんな中、境内に咲いた寒梅が段々夕闇が迫って来ると、ぼんぼりの様に淡く白く光って来ます。カメラだけが捉える事の出来る冬の宵の白・・・。いつもの様にデジブックはフルスクリーンで・・・

| | コメント (6)

みのぶボランティアガイド養成講座➁

Sr0018374 Sr0018375 Sr0018376 Sr0018378 Sr0018380 Sr0018381

Sr0018377_3 1月21日、第2回みのぶボランティアガイド養成講座が開催され霧雨の舞う肌寒い陽気でしたが、講師の熱心な解説に皆一生懸命耳を傾け、五重塔、本堂、祖師堂、法主猊下常駐の水鳴楼などの施設の講義を受けていました。左の写真は、受付のある報恩閣の前庭に植えられた、牡丹や芍薬で、これらは全国の信者の方々が丹精込めて作られた物を移植してあるそうです。尚、身延山久遠寺の寺紋は芙蓉牡丹です。因みに日蓮宗の御紋は井桁に橘ですので、お寺の佇まいを見た時にこの御紋がついていれば日蓮宗のお寺です。

| | コメント (1)

2010年1月19日 (火)

みのぶボランティアガイド養成講座➀

平成21年度身延町観光ボランティア育成事業の一環としてNPO法人みのぶ観光センター・身延町商工会の主催による「みのぶボランンティアガイド」養成講座が1月19日から4回に亘って開催されます。初日の今日は、10:00~開校式、身延山三門・菩提梯周辺のガイドの実地研修が行われました。

Sr0018345 Sr0018348_2 Sr0018371

身延山三門についてのレクチャーですが、専門ガイドの講師による解りやすい解説も然る事ながら説明をするに当たってのガイドの心得、立ち位置、時間配分など小さな気遣いには、とても関心しました。

Sr0018351 Sr0018352_2 Sr0018353 Sr0018356

次に三門をくぐり菩提梯に繋がる参道の杉の木の由来、宮澤賢治の歌碑、これは賢治が亡くなった後に発見された雨ニモマケズの書かれた手帳、通称雨ニモマケズ手帳(最後の手帳)のペン刺しに丸めて入っていた“塵天の劫をし 過ぎていまし この妙のみ法(ミノリ)に あひまつりしを”が模写されており、熱心な法華経の信者であった賢治が、何をおいても今生で法華経に遇った事が塵天、即ち無情の喜びでであると読んだ句です。尚、賢治の墓は岩手の花巻の身照寺に在るそうです。

Sr0018358 Sr0018359 Sr0018362 Sr0018366 Sr0018367 Sr0018368

年に2回1月16日と8月7日の三門仁王尊祭典の時にのみ開帳される三門内も見せて戴き、お釈迦様と十六羅漢の写真も撮らせて戴きました。初日を終えて、起源等を数字のデータで覚え伝えるのではなく如何に言葉や比喩的な表現で、大きさや身延山の概要を端的に限られた時間で伝えるかが重要で難しい事かと思いましたが、幸いブログにも身延山の事は、沢山挙げて在るのでそれをひっくり返しながら1つ1つ思い出して、自分なりにまとめていけたら好いなとも思いました。

次回は1月21日です。

| | コメント (2)

獅子舞

1月17日、帯金地区の獅子舞が行われました。まだ陽射しが届くのが、ほど遠い7:30道祖神から舞い始めです。これから戸数が少なくなったとは言え集落70軒あまりを一軒々、二頭の獅子で1日掛けて廻ります。

Sd30_3420 Sd30_3423 Sd30_3421

まず2人一組での平の舞(ヒラノマイ)です。囃子で眠っている獅子を起こし家の中の厄を集め、1人での幣の舞(ヌサノマイ)で獅子が厄をと鈴で祓い最後に一際激しい囃子で一気に厄を家の外に追い出し同時に福を呼び込みます。

Sd30_5781 Sd30_5782 Sd30_5786 Sd30_5787 Sd30_5795 Sd30_5796

我が家は、母と父が続けて亡くなり不幸が続いたので3年振りの獅子舞でした。これが済んでやっと喪が明けたような気持ちに成りました。

デジブックはフルスクリーンでの閲覧を推奨します。

| | コメント (0)

2010年1月13日 (水)

身延山年頭会

身延山年頭会とは、年頭の祝賀会です。日蓮聖人を身延に招いた波木井実長が、聖人入山の翌年正月に一族をともなって日蓮聖人に年賀のあいさつに参上したことに由来します。聖人ご入滅の後は、初の御命日に当たる正月13日として、聖人の尊霊に賀を献じ、忍難慈勝の高徳を偲び、あたかも聖人が生きているかの如くに奉行するに至ったのです。
 日蓮聖人がことのほか馬を好まれたところから、法要後に、二頭の馬による曳馬式(ヒキメシキ)が行われます。

曳馬式とは日蓮聖人が身延に入山されて初めて迎えた正月(1275年)に、地元の領主の波木井実長公(南部実長)館に聖人をお招きする際に、騎馬を献上し、この馬に聖人を乗せて迎え入れたという故事にちなんで行われています。

デジブックはフルスクリーンでの閲覧を推奨します。

| | コメント (5)

2010年1月12日 (火)

~大空へ・・・~

模型とは言え大きな機体がゆっくりと飛ぶ姿には見入ってしまいます(^^)v

飛行物には、やっぱりこのBGM!?著作権の問題も有るかも知れないけど、自分の気に入ったBGMを付けたいですね(^^ゞ例えばこんなふうに!?

デジブックはフルスクリーンでの閲覧を推奨します。

| | コメント (5)

2010年1月10日 (日)

2010やなぎ建て

Sdsc_9569

今年も地区の防火と家内安全を祈願する花やなぎが、地区の真ん中の道祖神に建立されました。

やなぎ建てについてはここに詳細を挙げて在ります。

各地区の花やなぎについてはここに詳細が上がっています。

デジブックはフルスクリーンでの閲覧を推奨します。

| | コメント (2)

2010年1月 9日 (土)

\(^o^)/野口さ~ん!

野口宇宙飛行士の乗る国際宇宙スティーション(ISS)が好く観える様に成りました。

Sd30_5469 Sd30_5469_2

撮影データ

2010/01/08 18:03

レンズ 18m/m-F4 ISO1600 30秒露光 撮影場所:山梨県身延町 可視方行:西北西

木の上方の白っぽい線がISSですが、車のライトを拾ってしまいました。JAXAの説明にもある様に高度が低いのと明るいので見つけるのは容易いと思います。皆さんも挑戦してみて下さい(^^)v

| | コメント (1)

2010年1月 8日 (金)

甘い香りに誘われて・・・

いつもなら、そろそろ南の風に乗り甘い蝋梅の香りが漂う季節ですが、家の蝋梅はアクシデントに遭い、やっと新芽が大きく成り始めたところです。皆さんのブログやHPで蝋梅を見掛ける様に成り、以前ブログにも載せた蝋梅で、デジブックを作ってみました。撮影の詳細は2008/1/30に挙げて在ります。

好天の空に染まる事のない黄色の花も魅力ですが、冷たい雨に打たれた、妖しくも艶やかな蝋梅が好きです。

デジブックはフルスクリーンでの閲覧を推奨します。

| | コメント (4)

2010年1月 7日 (木)

2010初フライト

好転に恵まれた1月3日峡南フライングクラブの飛行初めに同行しました。

Sr0018280

Sdsc_9485_2  Sd30_5353_2  Sdsc_9488  Sd30_5290

Sdsc_9509 Sdsc_9490  Sr0018291  Sr0018290

集まればラジコン談義に花が咲き、入念な機体の整備の後2010初フライトへと・・・・・。鹿肉のバーベキューと猪鍋が冷えた体を芯から温めてくれました。

デジブックはフルスクリーンでの閲覧を推奨します。

| | コメント (5)

2010年1月 2日 (土)

初詣

身延山初詣のデジブックです。交通規制が掛かる前に出掛け久し振りに身延山々麓を散策して来ました。

デジブックはフルスクリーンでの閲覧を推奨します。

| | コメント (8)

2010年1月 1日 (金)

今年も宜しくお願いします

謹賀新年

Sd30_4543

富士ヶ嶺の初日の出

旧年中は色々とお世話に成りました。本年も身延発を宜しくお願い致します。

                           平成22年 元旦

| | コメント (8)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »