« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月19日 (月)

平成弐壱年 獅子舞

Sd30_3419 Sd30_3420 Sd30_3426

行事が前後しましたが、1月11日に獅子舞が行われました。まだ陽射しが届くのが、ほど遠い7:30道祖神から舞い始めです。これから戸数が少なくなったとは言え集落70軒あまりを一軒々、二頭の獅子で1日掛けて廻ります。

Sd30_3455 Sd30_3474 Sd30_3459 Sd30_3469

まず2人一組での平の舞(ヒラノマイ)です。囃子で眠っている獅子を起こし家の中の厄を集め、1人での幣の舞(ヌサノマイ)で獅子が厄をと鈴で祓い最後に一際激しい囃子で一気に厄を家の外に追い出し同時に福を呼び込みます。

※以前より大量配信のスパムコメントに悩まされおり1件々手作業で削除しておりましたが、年明けより尋常でないスパムコメントが寄せられ、今日からコメントパスワードを導入致しました。コメントを寄せて下さる皆様には御不便をお掛けしますが、今後とも身延発を宜しくお願い致しますm(__)m

Gallery ~子供の目線~

Sr0017171 Sr0017204 Sr0017206 Sr0017212 Sr0017215 Sr0017223

Sr0017248 Sr0017224 Sr0017234 Sr0017238 Sr0017271 Sr0017269

| | コメント (4)

2009年1月18日 (日)

河口湖冬花火・湖上の舞

Sd30_3532_2 Sd30_3528 Sdsc_6040 Sdsc_6036

昨夜より河口湖冬花火・湖上の舞が来月22日までの毎週土日曜日と23日の富士山の日に開催されます。ここ数日寒さの記録更新をしていた山梨ですが昨夜は気温0℃と例年に比べても暖かく感じる夜でしたが、乾燥注意報出るほど乾いた空気と澄んだ空が冬花火の音と光をより一層幻想的なものに仕立て上げあちこちから歓声が湧き上っていました。

Gallery ~冬の侘しさの中にも・・・~

Sd30_3527 Sd30_3534 Sd30_3536 Sd30_3543 Sd30_3552 Sd30_3555

Sd30_3561 Sd30_3565 Sd30_3568 Sd30_3569 Sd30_3571 Sd30_3573

Sd30_3577 Sd30_3589 Sd30_3592 Sdsc_6026 Sdsc_6012 Sdsc_6037

| | コメント (12)

2009年1月13日 (火)

御年頭会~曳馬式~

Sdsc_5962

今日13日は日蓮聖人の月命日です。身延山久遠寺では祖師堂で御頭講会のお経の奉納が行なわれ続いて曳馬式(ひきめしき)が境内に於いて行なわれました。曳馬式とは日蓮聖人が身延に入山されて初めて迎えた正月(1275年)に、地元の領主の波木井実長公が館に聖人をお招きする際に、騎馬を献上し、この馬に聖人を乗せて迎え入れたという故事にちなんで行われています。

Sd30_3491 Sdsc_5982 Sd30_3500 Sdsc_5987

白装束の舎人に曳かれた飾り馬は祖師堂で祈祷され大好物?の人参を法主から戴きゆっくりと大客殿まで歩きます。

Sdsc_5993 Sd30_3514 Sdsc_5994 Sdsc_5999 Sdsc_6000 Sd30_3515

大客殿でも人参を戴き、大役を終えた飾り馬の後姿は、何かホッとした様な感じでした。このところ毎日、朝のニュースで今年1番の冷え込みです。と放送されていますが、今日の身延も寒かったです。それでも身延山では春を迎える節分会の年男年女が次々に掲げられて少しずつ身延にも春が近付いているようです。その年男年女の中に同級生の名前を幾つか見掛け改めて今年が年男である事を感じました。

Gallery 

Sd30_3485 Sd30_3504 Sd30_3512 Sdsc_5966

Sdsc_5970 Sdsc_5972 Sdsc_5991 Sdsc_5996

| | コメント (5)

2009年1月 6日 (火)

獅子舞稽古始め/コンデジでISO800は厳しい!?

Sr0017150

皆さん、もうお正月気分は抜けましたか?私は、獅子舞が終わるまで中々正月気分が抜けません(^^ゞ昨夜から11日の獅子舞を目指し稽古が始まりました。私は、この冬、少し?太ってしまい、屈んだりする所作が苦しく成って来ました(^^ゞ

Sr0017151 Sr0017152 Sr0017154 Sr0017155 Sr0017135

小正月に山梨の峡南地域の富士川流域の村々では獅子舞や神楽が行なわれて春の到来を祝う風習があります。本来、獅子舞と神楽は別個のものですが、ここ帯金では経緯は解りませんが獅子舞の事をオカグラと呼んでいます。お神楽の舞には二人一組で舞う平の舞いと一人で幣(ヌサ)を鈴で囃しながら舞う幣の舞いがあります。平の舞いの囃子で眠っている獅子を起こし、“幣(ヌサ)の舞い”で獅子が家中の厄を幣と鈴で祓い最後に一際、激しい囃子で一気に家の外に追い出します。この幣の舞が普通、神楽で行なわれる所作である為にお神楽と呼ばれて来たのかも知れません!?幣の舞いで舞い手が太腿をつけて内股で舞っているのは帯金の獅子は雌だからです。

GX100のISO800+内臓フラッシュで撮ってみましたが、光量不足は否めなく画像がかなり粗く成っています。外付けのフラッシュを使えば改善出来るとは思いますが・・・?

| | コメント (8)

2009年1月 5日 (月)

やなぎ建て

Sr0017132_4

年始の集落の行事、やなぎ建てが行われました。集落の真ん中の道祖神に竹で作った花柳を建て、集落の火伏せと家内安全、繁栄・・・・etcを願います。弓矢が向いている方角が今年の恵方、東北東です。

Sr0017104 Sr0017108 Sr0017105 Sr0017109 Sr0017110 Sr0017116

やっと陽が昇り始めた8:30に道祖神に集合、早速竹を切りに・・・。その間に支柱の準備もします。1本の竹を6~8つに裂き24本の柳の枝と本来なら14日に柳を倒した時に枝の部分の竹を切り、“タガ”の様に丸めて集落の一戸一戸に配って、屋根に載せて一年の防火を祈願するのですが、柳で使った分だけでは竹が足りないので、同じ竹で集落各戸に配る枝用の竹を切り出し、子供達が待っている集会場に持って行きます。今年は陽気が暖かなせいか竹が、まだ水を揚げており裂いたり削ったりの細工がやり難かったです。

Sr0017114 Sr0017117 Sr0017119 Sr0017119_2 Sr0017121 Sr0017122

子供達が、折り紙で作った花を1つづつ丁寧に貼っていきます。 花を付けた枝が出来た所で、柱に巻いた藁に24本の枝を刺していきます。等間隔に刺していくのですが、竹の幅や厚みが毎年違うので出来上がって建てるまで仕上がりの状況は判りません!?

Sr0017124_4 Sr0017125_3 Sr0017126_3 Sr0017129_4 Sr0017131_2

皆で力を合わせて柳を建て矢を恵方に合わせて完了しました。今年は支柱を新調して長さが2メートル程長く成ったので建てるのに苦労しました。出来は竹の状態が悪かったので、少し寂しい感じがします。

Sd30_3417

最後に、やなぎに御神酒を上げ記念写真を撮って、約3時間に及んだやなぎ建ての全ての行事が終わりました。

| | コメント (7)

2009年1月 3日 (土)

峡南地域新春写真展

Sr0017098_2 Sr0017099_2 Sr0017101_2

昨日から今月一杯、富士川ふるさと工芸館に於いて、第8回・峡南地域新春写真展が開催されているので、出掛けてみました。山梨の南に位置する市川三郷・鰍沢・増穂・身延・南部の各町の100名近い愛好家の皆さんの作品を一堂に集めた、地域の風景・風俗の写真は毎年の事ながら参考にする所が多々あります。

Gallery ー裏山からの夕景~南アルプス連峰-八ヶ岳ー

Sd30_3389 Sdsc_5924 Sdsc_5929 Sdsc_5940 Sdsc_5948

Sdsc_5949 Sdsc_5950 Sd30_3405 Sdsc_5957 Sdsc_5959

| | コメント (2)

2009年1月 1日 (木)

2009初日の出

Sdsc_5905_3

謹賀新年、昨年は拙いブログに訪問して戴きありがとうございました。本年ものんびりマイペースでアップしていきますので宜しくお願い致しますm(__)m

Gallery  ー元日の朝、久遠寺ー

Sdsc_5902 Sd30_3326 Sdsc_5922 Sd30_3356 Sd30_3359 Sd30_3345

Sdsc_5923 Sdsc_5911 Sdsc_5917 Sdsc_5920 Sdsc_5918 Sd30_3350 

| | コメント (13)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »