« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月27日 (月)

鬼子母大尊神勧請開眼大法要

PCの調子が悪かったのですが、地区の秋祭り等で中々、診る事が出来ず、結局今日リカバリーして何となく普通に動くように成りました(^_^)v

 Sdsc_5038 Sdsc_5041 Sdsc_5045

去る10月23日、大荒行成満報恩水行読誦会が開催される信行道場で、この道場の御尊神となる鬼子母神像の開眼大法要が、生憎の雨の中全国から信者が参加して行われました。

Sd30_0838 Sd30_0874 Sd30_0859 Sdsc_5063

御尊神の鬼子母神像は、まずこの信行道場に仮安置され沢山の僧や信者による大法要の経があげられます。いつもながら、甲高い木鉦の音と共に読まれる経は迫力があります。

Sd30_0861_3 Sdsc_5070_2 Sdsc_5077_2 Sd30_0891_2 Sd30_0889_2 Sd30_0892_2 

法要が終わると、百日に渡る大荒行を完行した者のみに許される木釼(ボッケン)を振っての法楽加持が行われました。

Sd30_0895_2 Sd30_0898 Sd30_0901 Sd30_0907 Sd30_0910 Sd30_0912

そして大法要が終わると、仮安置の信行道場から荒行堂に運ばれ安置されます。何時もは結界で遮られているこの石段を大勢の若い僧に依って重さ300キロの鬼子母神像は荒行堂に向かいます。

Sd30_0916 Sd30_0918 Sd30_0923 Sd30_0961

皆で力を合わせて1時間程で、御尊神は安置されました。

Sd30_0954 Sd30_0955 Sd30_0967

安置の作業が行われている間、安置の為にあげる読経する前に各々、水を被り身を清めます。そしてその清めた體で経をあげ、御尊神様はシッカリと安置され、これから何十年何百年と身延の歴史を見守っていく事でしょう。

Gallery  ー紅葉を求めて赤沢~十万部~追分ー

Sdsc_5097 Sd30_1486 Sdsc_5120_2 Sdsc_5111

Sd30_1494 Sd30_1509 Sd30_1488 Sd30_1481

| | コメント (5)

2008年10月21日 (火)

曙大豆収穫祭

Sr0016884 Sr0016863 Sr0016877

10月18~19日曙大豆の収穫祭が開催されました。私は、次の予定が入っていたので、9:00前に行ったのですが、まずまず人手でした。受付を済ませると曙大豆の説明等をレクチャーされ各々、畦道を畑に向かいます。

Sr0016869 Sr0016871 Sr0016876

抜けるような秋空の下、皆一生懸命大豆を収穫しています。初めて大豆畑に入った子供達は勿論、観光農園とは、また違った本当の?畑での収穫作業は大人も楽しそうです。

Sr0016873 Sr0016881 Sr0016880

丹精込めた大豆が猪などに喰われてしまわない様に畑の周りには、電柵アニマルキラーが張り巡らされています。畑の直ぐ横の田圃では収穫を終え脱穀された藁を細かくカットして来年の準備が始まっています。この時期、どこの田圃でも見られる秋の風景です。

Gallery ~安部峠からの富士山~

Sd30_0809 Sd30_0810 Sd30_0812 Sd30_0818 Sd30_0821 Sd30_0824

Sdsc_5018 Sdsc_5017 Sdsc_5019_2 Sdsc_5020 Sdsc_5025 Sdsc_5035

| | コメント (7)

2008年10月18日 (土)

ジムニーヘッドライト交換

一昨日、突然ジムニーのヘッドライトが逝ってしまいました。急遽、取り寄せ交換する事に・・・・・

Sr0016843 Sr0016842 Sr0016844

まず、5本のネジで止っているフロントグリルを外します。両端は、嵌め込み式ですが意外にペラペラで簡単に外れました。そしてソケットを外します。このライトはシールドビームと言って密封されているので、電球?を交換と言う訳にはいかずライト本体を換えなければなりません。外し方はバネで押さえられているので軽く押し込んで反時計回りに回すと簡単に外れます。流石に1988年製20年選手ですので見えない所に錆が出ています(^^ゞ

Sr0016846 Sr0016848_2 Sr0016849

無事ライトは外れました(^_^)v交換する物はIPF マルチリフレクター ヘッドランプ ガラスレンズ と長い?名前ですが、要するに高性能な反射板のライトという事です。このライトはシールドされていないので電球の交換が可能ですので次回からは本体を外さなくてもOKです。チョッと値段は張りましたが、安全装置なのでやっぱりシッカリとした物を選んだ方が好いと思います。

Sr0016851 Sr0016850 Sr0016855

取り付けは外す時と逆に押し込んで時計回りに回します。ガラス面が平面に近いのでフロントが少し精悍に成った様な気がします。工程時間は概ね30分程でした。使用感は、元々ジムニーのライトは暗かったのでかなり明るく感じます。まだ公道しか走っていませんが、夜の林道を走った時にその真価が出て来る様に感じます。天気も安定して来たので来週辺り丸山林道に行こうかと思っています。

Gallery ~五重塔もう少しで完成です~

Sd30_0198_2 Sd30_0199_2 Sd30_0200 Sdsc_4964 Sd30_0190_2

| | コメント (3)

2008年10月13日 (月)

第272回身延山御会式万燈講行列

Sd30_0155

10月12日第727回身延山御会式万燈講行列が盛大に開催されました。万燈講行列とは1282年10月13日に日蓮大聖人が、後入滅の際に時ならぬ桜が一斉に咲いたと言われております。信者達は、大聖人の死を哀しみ、その桜の木の下で大聖人を偲んだと言う故事より、現代では桜に見立てた万燈を中心に太鼓・鉦・笛のお囃子に合わせて纏を振り大聖人を遺徳を偲びます。今年は、連休の中日と言う事もあり講数が52講で約2000人、見物のお客さんも約2000人が訪れ例年にない賑わいでした。因みに去年の講の数は38講でした。

万燈講行列 Gallery

Sd30_0022 Sd30_0029 Sd30_0043 Sd30_0048 Sd30_0060

Sd30_0085 Sd30_0089 Sd30_0099 Sd30_0106 Sd30_0115

Sd30_0129 Sd30_0134 Sd30_0143 Sdsc_4948 Sdsc_4898

Sdsc_4877 Sd30_0154 Sd30_0160 Sd30_0164 Sdsc_4957

    

| | コメント (6)

2008年10月 7日 (火)

曙大豆「枝豆収穫体験」

Sr0016833 Sr0016835 Sr0016837 Sr0016839

今月、11~12日(飯富会場)18~19日(小田船原会場)に山深い身延町の曙地区のみでしか栽培が出来ないと言われていた大粒で強い甘味とシャキシャキの歯ごたえが特徴の曙大豆の収穫体験会産地フェアが国道に面したアクセスの好い会場で開催されます。国道から見える大豆畑は今が盛りに青々と茂りシッカリトした枝豆が、たわわに生っています。最近の若い?人達は、落花生やジャガイモ、そしてこの大豆も実際に畑に生っているところを知らない方が多いと思います。連休真っ只中、是非この機会に収穫体験を楽しんでみては如何でしょうか!?

D200 Gallery ~日の丸写真も気にしない(^^ゞ~収穫フェアー飯富会場から国道52号線を4k程北上した所に西嶋のコスモス畑があります。今が、見頃撮り頃です。収穫フェアーのついでに?立ち寄るのも好いかも知れません(^_^)

Sdsc_4810 Sdsc_4816 Sdsc_4818 Sdsc_4821 Sdsc_4822

Sdsc_4832 Sdsc_4823 Sdsc_4835 Sdsc_4836 Sdsc_4838

| | コメント (16)

2008年10月 2日 (木)

奥之院ダイヤモンド富士②

Sr0016812_2朝4:00起床、空は満天の星ピーカンです(^_^)今日こそは、ダイヤモンド富士は大丈夫だと確信して家を出ました。ロープウェーの早朝運行は昨日で終了しています。多分今回もツアーを組んで沢山の人達が訪れた筈です。後1日天候の回復が早ければ少なくなくとも昨日のツアーの皆さんはダイヤモンド富士を観られたSr0016815_3 事でしょう・・・とロープウェーの駅を横目に見ながら林道を1km.程上って行く間に鹿や兎に会わないのはおかしいと思っていると普段は、まず崩落しないであろうと思われる所に直径1.5m程の岩と土砂が崩落していたのでビックリ!それも林道が狭くなっている所なのでUターン出来ず。50m程バックしてやっとUターン、がっかりしながら下って来ました(^^ゞそれでも折角晴れているのだからと富士見山に向かう事にしました。ジムニーで走る事30分富士見山のポイントに着いた時には富士山が朝焼けに紅く染まり始めていました。富士見山林道では来月初めにダイヤモンド富士が見られます。富士山は、昨日富士吉田から冠雪が確認出来た様です。でも8月の初めに降った雪を甲府地方気象台では初冠雪と見なしています。が、富士吉田市役所では昨日の冠雪を「初雪化粧宣言」としている様です。富士見山からは逆光で雪は見る事が出来ませんでしたが、朝焼けに染まる富士山は見えました(^_^)

D200 Gallery ~CCDの汚れ限界です(^^ゞ~

Sdsc_4268_2  Sdsc_4267_2  Sdsc_4286_2 

Sdsc_4286_3  Sdsc_4326  Sdsc_4314 

| | コメント (8)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »